障害者への水泳指導(水泳教室・指導員養成)

身体障害者や知的障害者の水泳指導をしています。(5,000円から)
障害者への水泳指導者も養成しています。(20,000円から)
出張指導もしますので、お気軽にお問い合わせください。(コメント欄にお書き込みください。そのコメントが公開されることはありません)

ブルドック

 Kは当クラブの水泳教室に通う知的障害(3度)の青年です。明るくてちょっとツッパリでシャイで、、、可愛い好青年です。ある日、プールに来ると彼は「サンデイ、マンデイ、チューズデイ・・・」と英語で「月・火・水・・・」と言いだしたのです。『ハハァ、今、英語にハマっているな・・・』と思った私は一週間を英語で言えるように教え始めました。それは水泳教室なのか、英語教室なのか、わからなくなるほど・・・。
 たまたまKはちょっと気持ちをくすぐるとすぐに乗ってくるタイプなので、約1年掛かって“一週間”を英語で言えるようになりました。それは例えば「月曜は?」、「マンデイ」。「水曜は?」、「ウェンズデイ」というように、頭から順番に覚えたのではなく、一つ一つの曜日と英語が一致するようになったのです。
 調子に乗った私は次に「ジャニュアリー、フェブラリー、マーチ、エイプリル・・・」と、一年の月を英語で教え始めました。それは2~3年掛かったと思います。ようやく一週間も一年も英語で言えるようになるとKは私に問い掛けました。
K「ソースは英語でなんて言うか知ってる?」
私「エッ? ソースは英語でもソースじゃないの?」
K「違う」
私「エッ? ソースは英語でなんて言うの?」
K「ソースはブルドック」
 もうお腹がよじれるほど大爆笑でした。
 そういえば、脳性マヒ(2種)+知的障害(4度)のSとパソコンのメールの話をしていた時、
S「ボクのメールアドレスは“フニャララ ハートマーク”だよ」
アットマーク(@)をハートマークというのがスゴイ!!!
 何となく夜のネオン街にある飲み屋さんで、ネグリジェを着たオネエさんが帰りがけにくれる名刺に書いてありそうなメールアドレスに使っていそうですよね。エッ? そんな想像、私だけ??

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。